AWSによる「タダ乗り」へのオープンソースコミュニティの対抗策

NO IMAGE

AWSによる「タダ乗り」へのオープンソースコミュニティの対抗策

Amazon Web Services(AWS)がオープンソースの分析エンジン「Elasticsearch」を利用した製品「Amazon Elasticsearch Service(Amazon ES)」の商標登録を行ったことへの対抗策として、Elasticsearchは2021年1月にライセンスが変更されました。AWSはライセンスが変更される前にフォーク版を作成することで事態への対応を試みましたが、新たな報道で、Elasticsearch公式Pythonクライアントではフォーク版がブロックされることが判明しています。

続きを読む…

続きを見る

GIGAZINEカテゴリの最新記事